本文へスキップ

離婚相談なら弁護士対応の東京都新宿区高田馬場の東京離婚相談所へ

TEL. 0120-316-795

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-28-18和光ビル407

離婚の基礎的知識 離婚の基礎知識

離婚の方法

離婚をする方法には、以下のようなものがあります。

1、協議

まずは、当事者間で話し合いを行います。そこで、話し合いがまとまれば、協議書を作成します(協議離婚)。→詳しくはこちら
協議書を作成するにあたっては、公証人役場において公正証書にしておくことをお薦めします。
公正証書にしておけば、相手方の支払いが滞った場合、直ちに強制執行をすることが出来ます。

2、調停

話し合いがまとまらない場合は、家庭裁判所に調停を起こすことになります。
調停とは、調停委員二人が間に入り、合意を目指す手続きです。
離婚には、調停前置主義というのがあり、原則として、いきなり訴訟をすることは出来ず、まずは調停で話し合いをすることになります。
調停がまとまれば離婚成立となります(
調停離婚)。→詳しくはこちら

3、訴訟

調停がまとまらない場合には、訴訟を起こすことになります。
離婚自体について、合意できていない場合には、法律で定められた離婚原因がないと離婚できません。
これを法定離婚原因といいます。
法定離婚原因とは

  • 1、不貞行為
  • 2、悪意の遺棄
  • 3、生死が3年以上不明
  • 4、強度の精神病
  • 5、婚姻を継続し難い重大な事由があるとき
です。→詳しくはこちら
法定離婚原因があると判断されれば、離婚成立となります(
裁判離婚)。→詳しくはこちら